■チェック項目で家の不便な場所を見直そう!

家のリフォームを考えている人の中で、以下の点が気になる人はいませんか?

・毎日行う家事の中でも片付けが面倒に感じる。
・冷蔵庫の中を見てみると賞味期限の切れた物がある。
・掃除がやりにくいと感じる事がある。
・雨の日の洗濯物干し場が少なく、部屋に大量に干してある。
・洗濯をした後、洗濯物干し場までの距離が遠い。
・料理の際に調味料が見つけにくい事がある。
・家事は一気に終わらせたい。

以上の項目で多く当てはまる方は、家事がラクになるようにリフォームをする事をオススメします。
273

■家事をしにくい間取りは手間が掛かる

上記のチェック項目では、毎日行う家事についてのポイントが多くあり、チェックした所が多いほど、家事がやりにくい家に住んでいる証拠となります。
家事は、毎日しなければいけない事なので面倒になってしまうと、疎かになったり余計な手間が増えて疲れてしまう原因にもなってしまうのです。
なので、リフォームを考えている人の中でこの項目に多くチェックが入った場合には家事ラク動線を見直してリフォームする事をお勧めします。

■家事ラク動線を取り入れるだけで家事が簡単に!

家事ラク動線とは、簡単に言えば家事を一気に終わらせる事が出来る間取りの事です。
例えば、キッチン・リビング・洗面室と全てがドアで仕切られている場合は、廊下に出てドアを開けて他の部屋に行かなくてはならなく、時間がかかりますし、手間もかかります。
ですが、洗面室からキッチンまで壁を無くすだけで一直線に行き来する事が出来ます。
また、洗面室の隣りにランドリースペースを設ければ、洗面室・ランドリースペース・キッチンと全て繋げる事ができ、動線も短くなり家事がしやすい間取りになるのです。
その他にも、食品庫を充実させるだけでも料理がしやすくなり、賞味期限の切れた食品が増える心配がなくなりますし、毎日のメニューも考えやすくなるでしょう。
また、換気扇を変えたりキッチンの壁を汚れが付きにくい壁にするだけでも毎日の掃除がラクになります。
このように家事がやりやすくなるリフォームで毎日行う家事を少しでもラクにしましょう。